menu
LastUpDate 2016/08/10
top>>練習問題 >>凸レンズと光の反射 解説
 

凸レンズと光の反射 解説

1.
凸レンズ スクリーン 6cm 12cm 15cmA B C D E F G

図の△ABCと△EGCは同じ形で縮尺が2倍になっている。そのためBC=15cmなのでCG=30cmとなる。
また、△DCFと△EGFも同じ形で縮尺が2倍の図である。CF=xとするとGF=2xとなるのでCG=3x=30cmなのでx=10cm

2.

(1)と(2)
Aから見て、板の遠い端をQ, 近い端をRとする。
Q、Rから出た光の道筋を図2に示す。
鏡上にQとRが映る点同士の距離は4mとなる。
よって(2)の答は4m
また、鏡上でもQが遠く、Rが近くにうつっている。
そして、鏡の反射では上下は変わらないので
(1)の答はイ
A 1m 1m 図2 P Q R Q' R'

(3)
Qから出た光の道筋が、Rにぶつかると
さえぎられて見えなくなる。
そのときの道筋を図示する。
AからA'までの距離は6m
よって答6m
A 1m 1m 図2 P Q Q' A'


このサイトについて | Link | Map |
Copyright © 2006-2017 SyuwaGakuin All Rights Reserved