menu
LastUpDate 2016/02/08
top>>練習問題 >>化学変化と質量3(発展)
 

化学変化と質量3(発展)

次の2つの実験について各問に答えよ。

実験1
ビーカーの中にうすい塩酸を40cm3いれて質量を測ったら120.0gだった。
この中にマグネシウム2.4gを入れると気体が発生した。気体の発生が
止まった後、ビーカー全体の質量を測った。
マグネシウムの質量を 4.8g, 7.2g, 9.6g, 12.0gと変えて同様の実験を行った。
実験の結果をまとめたものが下の表である。
マグネシウムの質量(g)2.44.87.29.612.0
実験後のビーカー全体の質量(g)122.2124.4126.6128.9131.3
実験2
マグネシウムの粉末を10.0gのステンレス皿に入れ、ガスバーナーで加熱し、完全に酸化させた後に
皿全体の質量をはかった。表はその結果をまとめたものである。
加熱前のマグネシウムと皿の質量(g)10.610.911.211.511.8
加熱後の皿全体の質量(g)1111.51212.513.0

実験1について この実験の化学反応式を書きなさい。 この実験で使ったうすい塩酸40cm3と過不足なく反応するマグネシウムは何gか。 この実験で使ったものと同じ濃度のうすい塩酸80cm3にマグネシウム18.0gを 入れると何gの気体が発生するか。 この実験で使ったものと同じ濃度のうすい塩酸120cm3にマグネシウム24.0gを 入れると何gの気体が発生するか。

実験2について この実験の化学反応式を書きなさい。 マグネシウムは加熱後、何色になるか。 10.0gのステンレス皿に5.0gのマグネシウムをいれ、加熱したが完全に酸化せず 加熱後の皿全体の質量は17.2gだった。酸化せずに残っているマグネシウムは何gか。

実験1、2の結果から水素分子1個と酸素分子1個の質量比を求めよ。

このサイトについて | Link | Map |
Copyright © 2006-2017 SyuwaGakuin All Rights Reserved