menu
LastUpDate 2016/02/08
top>>練習問題 >>仕事
 

仕事

仕事の原理とは何か。答えよ。

図のような動滑車を使い点Aの部分を手で引いて、質量1800gの物体をゆっくり持ち上げた。物体は最初の位置から50cm上昇した。これについて次の問いに答えよ。
ただし、動滑車の質量や摩擦は無視できるものとする。

動滑車A

このときの仕事は何Jか。

物体を50cm持ち上げるためには点Aを何cm上に引かなければならないか。

点Aを引く力は何Nか。

物体を50cm持ち上げるのに5秒かかった。この時の仕事率は何Wか。

図のようなてこを使って質量1200gの物体をゆっくり持ち上げた。

てこ 1m 3m P1200g

点Pの部分を下げるために必要な力は何Nか。

点Pの部分を60cm下げると、物体は何cm上昇するか。

点Pの部分を60cm下げるのに4秒かかった。
この時の仕事率を求めよ。

図のようななめらかな斜面を使って質量500gの物体をゆっくり持ち上げた。

斜面 斜面 5m 5m 3m 4m 500g

斜面の垂直抗力は何Nか。

このときの仕事率が0.9Wだった。
物体が斜面を進む平均の速さは何cm/sか。


このサイトについて | Link | Map |
Copyright © 2006-2017 SyuwaGakuin All Rights Reserved