menu
LastUpDate 2016/10/29
top>>練習問題 >>天体4
 

天体4

北緯35度の地点について次の問に答えよ。

この地点から北極星を観測した場合、北極星の高度は何度か。

この地点の太陽の南中高度を次のそれぞれの日について求めよ。
①春分の日 ②夏至 ③秋分の日 ④冬至

図は透明半球をつかって太陽を観測したときの図である。これについて各問に答えよ。

A B C D O P 西

太陽の位置を透明半球の球面にサインペンで印をつけて記録するとき、どのようにすればよいか。

点Pは太陽が真南にきたときの点である。∠POCの角度のことを何というか

1時間ごとにつけた点の間隔を測ると4.8cmだった。また、日の出の位置から10時につけた点までの長さが15.2cmだった。日の出の時刻は何時何分か。

日本のある地点で、1月10日の午後10時に星座Aが真南の空に見えた。

この星座が12月10日に真南に見える時刻を求めよ。

この星座が午後9時に南西の方角に見えるのは何月何日ごろか、下から選びなさい。
ア)11月10日 イ)12月10日 ウ)2月10日 エ)3月10日 オ)4月10日

この星座の名前を下から選びなさい。
ア) さそり座 イ)いて座 ウ)オリオン座 エ) しし座

図をみて問いに答えよ。

Bの位置に地球があるときの日本の季節を答えよ。

Aの位置に地球があるとき、午前6時ごろおうし座はどの方角に見えるか。

Cの位置に地球があるとき真夜中、東の空に見える星座を図から選べ。

図1のように板の上に垂直に棒を立てて太陽の光によってできる棒の影の先端の位置に印をつけ、1日のうちで動いたあとを記録した。 これを夏至、冬至、春分の日の3回行った。下に示す図からそれぞれの日の記録を選べ。

夏至 冬至 春分の日

このサイトについて | Link | Map |
Copyright © 2006-2017 SyuwaGakuin All Rights Reserved