LastUpDate 2017/03/17
top>>
menu

理科の勉強

「なぜ」なのかを考える

人間の記憶にはいくつかのタイプがあります。丸暗記する能力は「知識記憶」といいます。  そして物事を根本から理解して理屈を憶える能力を「経験記憶」というのです。 人間は小学生くらいまでは知識記憶のほうが優勢ですが、高校生以上になると経験記憶が優勢となってきます。 つまり理屈を理解せず丸暗記できるのは小さい子供のほうが得意だということです。
中学生はちょうど経験記憶が知識記憶を追い越す時期です。この時期に経験記憶の発達を助けるように 「なぜそうなるのか」という論理的な考え方をしていくことは脳の発達にとって非常に大切なことなのです。
理科はこの経験記憶を訓練するためにぴったりの教科です。中学校でやる理科は日常的なことがらを数多く あつかっています。植物や動物などの生物、天気や星、地震、光や音など。 これは自分の日常的な経験を思い浮かべて憶えることで経験記憶につながります。 また日常の経験では得られないことがらは実験という形で経験できるのです。 そして、この経験記憶を発達させるのに必要なのが「なぜ」と考えることです。 理科で習うことがらにはすべて理由があります。常に「なぜ」「どうして」と考えて理由をさがし、 納得して憶える習慣をつけてください。それによって考える力「思考力」が発達していくのです。
経験記憶に欠かせない「経験」と「理屈」  これがそろっている教科が理科です。

実験

実験のやりかたや結果を丸暗記するのは「知識記憶」、実際に自分でやってみてやったことを 憶えていることは「経験記憶」。百聞は一見にしかずと昔の人が言ったのは現代の脳科学の面からも 理にかなっていることなんですね。
実験の目的や結果、または実験の注意などなぜそうなるのか、 なぜそれが必要なのか、を考えておくことでさらに「思考力」を身につけましょう。

計算

中学の理科ではどの分野でも計算は必要です。数学が苦手な人は計算を避けたがりますが、 計算は算数や数学の簡単なものがほとんどなので苦手意識を持たずたくさん練習してできるようにしましょう。

理科の勉強法

(1) まとめノート

まずその分野で大事なことがらをノートにまとめます。理科の教科書はまとめにくいという人は 問題集のポイント解説などを見てノートに要点を書き出しすという方法でもかまいません。 ただしまとめノートをつくるときに、内容を丸写しするだけにならないようにしましょう。 自分なりに何が大事なのかを考え、一つ一つのことがらについて理由をさがすようにしてください。 自分で考えても理由がわからないときは先生に質問したり、詳しい参考書を見て調べたりしましょう。
また、実験の注意や実験結果は特に大切ですから実験をやったときのことを思い出しながらノートに書き出してください。

(2)問題練習

問題集は色々なものに手をつけてしまうと、どれもが中途半端になってしまいます。それは一番良くありません。 少し薄い問題集でかまわないので一冊を何回も繰り返して練習したほうが実力が上がります。 また、答を問題集に直接書き込まずにノートに書いておくと、後で何度も同じ問題を解くことができます。 とくに苦手分野をやるにはよい方法です。
問題はやりっぱなしが一番いけません。間違えたところはノートに書いてよく復習しておきましょう。

(3)間違いノート

3年生の受験勉強では「間違いノート」が有効です。 自分の間違えた問題をノートに書いておいてしばらく期間をおいてから何度もその問題をやってみるためのものです。 一度間違えた問題というのは自分の弱点です。解説などをみてわかったつもりになっていてもしっかり理解できていないとまた間違えてしまいます。 間違えたらその度に復習して弱点をひとつひとつ確実になくしていきましょう。

このサイトについて | Link | Map |
Copyright © 2006-2017 SyuwaGakuin All Rights Reserved