光の屈折

光が種類の違う物質にななめに入るとき、一部は反射し、一部は境界面で折れ曲がって内部に進む、これを屈折という。境界面に対して垂直に入射するときは屈折せずまっすぐ進む。
光が空気からガラス(または水)に入るときは入射角より屈折角が小さくなるように屈折し、ガラス(または水)から空気に進むときは入射角より屈折角が大きくなる。