凸レンズ

中央が膨らんでいるレンズを凸レンズという。凸レンズに正面から太陽光のような平行な光をあてると光は屈折して1点にあつまる。 この点を焦点という。レンズの中心から焦点までの距離が焦点距離である。
焦点はレンズの両側、等距離に2つあり、凸レンズのふくらみが大きいほど焦点距離は短くなる。また、レンズの中心を通る光は直進する。

凸レンズの中央を通り、レンズの面に垂直な直線を光軸という。