実像

光が集まってスクリーンなどに写って見える倒立の像(上下左右が逆)を実像という。
凸レンズによる実像は物体が焦点の外側にある場合にできる。
焦点距離の2倍の位置に物体を置くと反対側の焦点距離の2倍の位置に物体と同じ大きさの実像ができる。それよりも遠い位置に物体を置くとと実像の大きさは小さくなりレンズからスクリーンまでの位置も近くなる。

例・・・カメラ