堆積

水の流れで運ばれてきた土砂などが流れのゆるやかなところや海底に積み重なっていくこと。
川が山地から平野に出たところで流れが緩やかになるので、そこに土砂が堆積して扇状地が作られる。
また、川が海に注ぐ河口で土砂が堆積してできた地形が三角州である。
河口では粒の大きなものは速く沈み、岸の近くに堆積し、粒の小さなものほど遅く沈み、沖の方に堆積する。