火砕流

火山の噴火の時に、火山灰火山れきなどが高温の火山ガスとともに一団となって高速で山の斜面を流れ下る現象。
1991年に雲仙普賢岳で生じた火砕流では大勢の犠牲者が出た。