めしべ

花のつくりのひとつで、ふつう花の中心に1本ある。先端に柱頭があり、根もとには子房があってその中に胚珠がある。
柱頭に花粉がつき(受粉)やがて受精が行われて子房が成長して果実に、胚珠が種子になる。