自由電子

金属では、原子の中の一部の電子が自由に動きまわっている。これを自由電子という。
金属に電圧をかけると、自由に動きまわっていた電子が一斉に+の方向に動く。これが電流の正体である。 ただし、電子はマイナスからプラスに流れるが、電流の流れる向きはプラスからマイナスである。