飽和水蒸気量

空気1m3に含むことのできる水蒸気の質量の限界。
気温が高いほど飽和水蒸気量が大きくなる。空気中の水蒸気量が変化せずに気温が下がると飽和水蒸気量は小さくなるので限界を越えたところで水蒸気が凝縮して水滴となる。