露点

空気中の水蒸気が冷やされて水滴に変わるときの温度。
飽和水蒸気量は気温が下がるほど小さくなるので、水蒸気を含んだ空気の気温が下がると、水蒸気量が限界を超えてしまう。限界を超えると空気中に水蒸気としていられないので、水滴となって出てくる。この水滴のできはじめる温度を露点という。
空気中に含まれる水蒸気の量は露点の飽和水蒸気量に等しい。