フェーン現象

湿った風が山を超えるときに風上より風下の山麓で気温が高くなり乾燥する現象。
水は蒸発するときに周りから熱を吸収し、凝縮するときに熱を放出する。空気は上昇すると気温が下がるが、露点より低くなり水蒸気が水滴になるとき熱を放出するので気温の下がり方が小さくなる(100mにつき約0.5℃)。
山を超えて吹き降ろすときは雲ができないので気温の上がり方が大きくなり(100mで約1℃)風上より風上のほうが気温が高くなる。