等圧線

天気図上で気圧の等しいところを結んだ曲線。
1000hPaを基準に4hPaごとに引いてある。さらに5本(20hPa)ごとに太線になる。
等圧線の間隔がせまいところでは風が強い。