分子

いくつかの原子が結びついた粒で、物質の性質を表す最小の粒。
19世紀にアボガドロが提唱した。
物質には、酸素などのように原子がいくつか結びついて分子になりその分子が集まって物質になるものと、金属のように原子が直接結びついているたま分子がないものとがある。