発熱反応

熱を発生させる化学変化
反応前の物質より、反応後の物質の化学エネルギーのほうが小さい場合、その差が主に熱エネルギーとして出て行くので発熱反応となる。
たいていの化学変化は発熱反応である。