横隔膜

胸こうと腹こうの間にある膜状の筋肉。
横隔膜がさがると胸こうが広がり空気を吸い込み、あがると胸こうが狭まり空気を吐き出す。