血液

血管の中を流れて体じゅうを循環し、酸素や栄養分、不要物などをはこぶ役割を担っている。
心臓から動脈を通って体の各部分に送られ、静脈を通って心臓にかえってくる。成分は液体の血しょうと、固形の赤血球白血球血小板などである。