ヘモグロビン

赤血球に含まれる赤い物質。酸素の多いところで酸素と結びつき、酸素の少ないところでは酸素を離す性質がある。