血しょう

血液の液体成分。
栄養分や不要物、二酸化炭素などを溶かして運ぶ役割。
血しょうが毛細血管の壁からしみだして細胞間を浸す組織液となる。