慣性の法則

物体に力ははたらかないときや、はたらいている力がつりあっているとき、物体はその運動状態を続ける。
つまり、静止している物体は静止し続け、動いている物体は等速直線運動を続ける。