月食

満月のとき、太陽、地球、月の順に一直線に並ぶ。このとき、地球の影に月が入って太陽の光が月に当たらなくなる現象を月食という。月が完全に地球の影に入り、光る部分が全くなくなるのが皆既月食である。皆既月食の時は地球の大気で屈折した赤い太陽光により赤褐色の満月が見える。