黒点

太陽表面のまわりより温度が低い場所(約4000℃)、温度が低いので黒く見える。
黒点を観察することにより、太陽が自転していることや太陽が球形であることが確かめられる。