優性の法則

対立形質をもつ純系どうしをかけあわせたとき、子には親の一方の形質のみが現れる。