分離の法則

減数分裂で対になっている遺伝子が分かれて別々の生殖細胞に入ること。