LastUpDate 2017/03/17
top>>要点まとめ >>日周運動・年周運動
menu

日周運動・年周運動

天体の日周運動

日周運動とは

地球の自転による天体の見かけの動きのこと。
1日(24時間)で1周(360°)なので1時間で15°動く。
太陽は東から登って南を通り西へ沈む

  
図のように春分の日と秋分の日は太陽は真東から上り真西に沈む。
夏は日の出、日の入りの位置が北にずれて、昼の長さが長くなり
冬は日の出、日の入りの位置が南にずれて、昼が短くなる。。
P P P O S N W 日の出の位置 日の入りの位置 E

各方角の空の星の動き

北の空は北極星を中心に反時計回りに回る。東の空は右上がり、西の空は右下がりに動く。
反時計まわり 西 右上がり 右下がり
※北極星は地軸の延長線上にあるので動かない

南中

天体が天の子午線を通過するとき(真南にくるとき)を南中という
そのときの高度を南中高度という。
太陽が南中するときの時刻が正午
P O S N W E
図の点Pに太陽が来た時が南中。∠POSが南中高度

天体の年周運動

年周運動とは

地球の公転による天体の見かけの動きのこと
1年(365日)で1周(360°)なので1日で約1°動く。
公転の向き・・・北極上空から見て太陽を中心に反時計回り
各空の動き・・・日周運動と同じ向き

日周運動と年周運動を合わせると

天体は1日で360°+約1°動く
→1日で1周してさらに1°ずれる
同じ時刻に観測すると、星の位置が1日で約1°ずつずれる・・・1ヶ月で約30°ずれる
同じ位置に見えるのは1ヶ月で2時間早くなる

例題
南の空で、Aという星が午後9時に南中した。1ヶ月半後この星が南中する時刻を答えよ。

答 午後6時

黄道

天球上で星座を基準にして太陽の動きを見た場合
太陽は星座の間を西から東へ動き、1年でもとにもどる。
季節によって夜見える星座が違う
さそり座は夏によく見えるが冬は太陽と重なるので見えない
この天球上の太陽の通り道のことを黄道という。

日周運動・年周運動 練習問題

練習問題

日周運動 年周運動 天体4

このサイトについて | Link | Map |
Copyright © 2006-2017 SyuwaGakuin All Rights Reserved