menu
LastUpDate 2017/03/17
top>>要点まとめ >>花のつくりとはたらき

花のつくりとはたらき

種子植物

花を咲かせ、種子でなかまをふやす植物を種子植物という。
種子植物はさらに被子植物と裸子植物にわけられる。
被子植物・・・花びらのある花を咲かせる。サクラ、タンポポ、アジサイ、アブラナ、エンドウなど
裸子植物・・・花びらのない花を咲かせる。マツ、スギ、イチョウ、ソテツなど

被子植物

子房 柱頭 めしべ やく おしべ 花弁 がく 胚珠 花弁・・・はなびら
柱頭・・・めしべの先端部分。ここに花粉がつくことを受粉という。
子房・・・めしべの根本のふくらんだ部分。このなかに胚珠がある。
胚珠・・・子房の中にある、受粉の後、種子になる。
やく・・・おしべの先端部分。中に花粉の入った袋。
被子植物の特徴
胚珠が子房に包まれていて、花に花弁があること。

被子植物の花は花弁が1枚1枚離れている離弁花と花弁のくっついている合弁花がある。
離弁花・・・アブラナ、サクラ、エンドウなど
合弁花・・・タンポポ、ツツジ、アサガオなど

花のはたらき

花のはたらき
なかまをふやすために種子を作る

受粉・・・おしべの先端のやくから出た花粉がめしべの柱頭につくこと。
受粉の後、子房は成長して果実になり、胚珠は種子になる。

裸子植物

 裸子植物の花には花弁やがくがない。また子房もなく胚珠がむき出しである。

雌花 雄花 2年前の雌花 (まつかさ) 雌花 雌花のりん片 胚珠 拡大
マツの雄花 雄花のりん片 花粉のう 拡大

裸子植物の花は1つの花におしべとめしべがあるのではなく、雄花、雌花にわかれている。

雌花には子房がなく胚珠がむき出しになっている。
雄花には花粉のう(やく)があり、その中に花粉がある。

花 練習問題

チェックテスト

花のつくりとはたらき

練習問題

花のつくり

PC・スマホ問題

花のつくり

このサイトについて | Link | Map |
Copyright © 2006-2017 SyuwaGakuin All Rights Reserved