LastUpDate 2017/03/14
top>>要点まとめ >>光の進み方
menu

光の進み方

光源・・・みずから光を発するもの(電球や太陽など)
光の進み方・・・均一な物質中ではまっすぐに進む(直進)

光の反射

反射とは・・・光が鏡などにあたってはね返ること。
入射光・・・鏡に入ってくる光。
反射光・・・鏡で反射してでていく光。
入射角・・・鏡の面に垂直な直線と入射光との角度。
反射角・・・鏡の面に垂直な直線と反射光との角度。
※入射角、反射角は垂線との角度なのでまちがわないように。
入射光 反射光 反射角 入射角 反射の法則
光が鏡で反射するとき入射角=反射角となる。

鏡の作図(鏡による像と光の道すじ)
A 物体Aの像は鏡の面を対称の軸とした線対称の位置にある。>>像
像から目の位置まで直線を引く。>>線
このとき鏡の面と交わった点で、物体Aからの光が反射する。>>光の道すじ

乱反射・・・1つ1つの光がいろいろな方向にはんしゃすること。物体の表面は拡大してみるとでこぼこしているので 乱反射によってどの方向からでも見ることができる。
像・・・鏡にうつった物体をみるとき、実際にはそこにないのに鏡の奥にあるようにみえる。これを物体の像という。

光の屈折

光が空気から水のようにちがう種類の物質へ進むとき、その境界面で大部分は屈折して進み、一部は反射する。

//グラデーション 入射光 屈折光 反射光 空気 (またはガラス)

境界面に垂直な線と屈折光の角度を屈折角という。

光が空気から水(またはガラス)に進むとき、
入射角>屈折角となる。

屈折角 入射角

光が水(またはガラス)から空気に進むとき、
入射角<屈折角となる。

入射角 屈折角

全反射

光が水(またはガラス)から空気中に進む場合、必ず入射角より屈折角のほうが大きいので入射角がある程度以上大きくなると光が空気中へ出て行けずにすべて反射してしまう。これを全反射という。

つねに入射角<屈折角
入射角 屈折角

これが限界(屈折角が90°)
入射角 屈折角

限界より大きい入射角だと
すべて反射
入射角 反射角 全反射

限界となる入射角は物質によってちがう(水なら約48.6°)

光ファイバー・・・全反射のしくみを使って電話線などに利用されている


光の進み方 練習問題

チェックテスト

光の進み方

練習問題

光の反射 光の反射(発展)

pc・スマホ問題

光の進み方

このサイトについて | Link | Map |
Copyright © 2006-2017 SyuwaGakuin All Rights Reserved