ルーペ・双眼実体顕微鏡

ルーペ

5倍〜10倍程度の倍率で、持ち運びしやすいので野外での観察に適している

使い方

ルーペを目に近づけて持つ

ルーペを動かさずに、観察物を前後に動かしてピントを合わせる。

観察物が動かせないとき
ルーペを目に近づけたまま顔を前後に動かしてピントを合わせる。

NEXT

双眼実体顕微鏡

観察物をプレパラートにすることなく、そのまま20〜40倍程度で立体的に観察できる。

各部の名称

基本的な使い方

両目の間隔に合うよう鏡筒を調節し、左右の視野が重なって1つに見えるようにする。 粗動ねじをゆるめて、鏡筒を上下させ両目でおよそのピントをあわせる。 右目だけでのぞいて微動ねじでピントをあわせる。 左目でのぞきながら視度調節リングを回してピントを合わせる。

NEXT

コンテンツ

練習問題 要点の解説 pcスマホ問題 理科用語集

中学無料学習アプリ 理科テスト対策基礎問題
中学理科の選択問題と計算問題 全ての問題に解説付き



©2006-2020 SyuwaGakuin All Rights Reserved