上皿てんびん・電子てんびん

上皿てんびんの使い方

上皿てんびんは安定した水平な台の上に置いて、針が左右に等しくふれるように調節ねじで調節する。

物質の質量をはかるとき(右利きの場合)

はかろうとするものを左の皿にのせる。 右の皿に、はかろうとする物より
少し重いと思われる分銅をピンセットを使ってのせる。
分銅が重ければひとつ小さい分銅にとりかえる。
それだけで軽い場合、のせた分銅よりひとつ小さい分銅をくわえる。
③の操作を繰り返してつりあわせる。

一定の質量の薬品をはかりとるとき(右利きの場合)

左の皿に薬包紙とはかりとりたい質量の分銅をのせる。 右の皿に薬包紙をのせ、薬品を少量ずつのせていってつりあわせる。

測定後
上皿てんびんのうでが動かないように一方の皿をもう一方の皿に重ねておく。

電子てんびんの使い方

安定した水平な台の上に置いて電源を入れる。

物質の質量をはかるとき

何ものせていないときの表示を0.0gや0.00gにする。 はかろうとする物をのせて数値を読み取る。

一定の質量の薬品をはかりとるとき

薬包紙をのせてから0.0gや0.00gにする。 薬品をすこしずつのせていき、はかりとりたい質量になったらやめる。

コンテンツ

練習問題 要点の解説 pcスマホ問題 理科用語集

姉妹サイト

高校数学学習サイト 中学学習サイト 中学数学学習サイト 中学英語学習サイト 歴史学習サイト

無料学習アプリ

理科基礎問題 入試対策理科 理科用語辞典 オームの法則 化学式暗記

©2006-2018 SyuwaGakuin All Rights Reserved