状態変化

温度変化によって物質が固体液体気体と変化すること。
固体を加熱すると液体になり、液体を加熱すると気体になる。 また気体を冷やすと液体に、液体を冷やすと固体になる。
固体が液体になることを融解、液体から固体になることは凝固、液体から気体は蒸発、気体から液体は凝縮という。気体から固体、固体から気体は両方とも昇華である。
同じ質量での体積は固体より液体が大きく、液体より気体は非常に大きい。ただし、水だけ例外で液体より固体のほうが体積が大きい。
状態変化で質量は変化しない。

身の回りの物質の用語

金属プラスチック非金属有機物無機物密度酸素二酸化炭素水素アンモニア窒素塩素水上置換法上方置換法下方置換法溶質溶媒溶液水溶液純粋な物質混合物質量パーセント濃度溶解度飽和水溶液再結晶結晶状態変化固体液体気体融点沸点蒸留ろ過

コンテンツ

練習問題 要点の解説 pcスマホ問題 理科用語集

中学無料学習アプリ 理科テスト対策基礎問題
中学理科の選択問題と計算問題 全ての問題に解説付き



©2006-2020 SyuwaGakuin All Rights Reserved