光合成の実験

一昼夜、日光を当てずにおいた斑入りの葉の一部をアルミニウムはくでおおい、日光をじゅうぶんに当てる。 アルミニウムはくをはずした葉を熱湯につけたあと、あたためたエタノールにつけて脱色し水で洗う。 葉をヨウ素液にひたし、色の変化を見る。
【結果】
日光に当たった葉の緑色の部分が青紫色になる。

NEXT

実験のポイント

【この実験からわかること】
日光の当たった緑色の部分が青紫色になり、日光の当たらない緑色の部分の色は変化しないことから 光合成には光が必要だとわかる
日光の当たった緑色の部分が青紫色になり、日光の当たった斑の部分は色が変化しないことから 光合成には葉緑体が必要だとわかる

一昼夜、日光を当てないのは
葉のデンプンをなくすためである。
ヨウ素液
茶色の液体で、デンプンに加えると青紫色になる。
エタノール
引火しやすいので直接火にかけてはいけない。
葉をエタノールにつけるのは、脱色し緑色を抜き、ヨウ素液の色の変化を見やすくするためである。

NEXT

コンテンツ

練習問題 要点の解説 pcスマホ問題 理科用語集

中学無料学習アプリ 理科テスト対策基礎問題
中学理科の選択問題と計算問題 全ての問題に解説付き



©2006-2020 SyuwaGakuin All Rights Reserved