LastUpDate 2017/09/18
top>>練習問題 >>凸レンズと光の反射 解説
menu
 

凸レンズと光の反射 解説

1.
凸レンズ スクリーン 6cm 12cm 15cmA B C D E F G

図の△ABCと△EGCは同じ形で縮尺が2倍になっている。そのためBC=15cmなのでCG=30cmとなる。
また、△DCFと△EGFも同じ形で縮尺が2倍の図である。CF=xとするとGF=2xとなるのでCG=3x=30cmなのでx=10cm

2.

(1)と(2)
Aから見て、板の遠い端をQ, 近い端をRとする。
Q、Rから出た光の道筋を図2に示す。
鏡上にQとRが映る点同士の距離は4mとなる。
よって(2)の答は4m
また、鏡上でもQが遠く、Rが近くにうつっている。
そして、鏡の反射では上下は変わらないので
(1)の答はイ
A 1m 1m 図2 P Q R Q' R'

(3)
Qから出た光の道筋が、Rにぶつかると
さえぎられて見えなくなる。
そのときの道筋を図示する。
AからA'までの距離は6m
よって答6m
A 1m 1m 図2 P Q Q' A'


iphone用
android用
iphone用
android用
iphone
android
iphone
android
iphone
android
iphone
android
iphone用
android用
iphone用
android用
iphone用
アンドロイド用
iphone用
アンドロイド用
iphone用
アンドロイド用
iphone用
アンドロイド用
iphone用
アンドロイド用
iphone用
アンドロイド用
iphone用
アンドロイド用
iphone用 iphone用
アンドロイド用
このサイトについて | Link | Map |
Copyright © 2006-2018 SyuwaGakuin All Rights Reserved