地震

次の問いに答えよ。 地震が発生した場所を何というか。 (1)の真上の地表の地点を何というか。 伝わる速さが速く、小さな揺れをおこす波を何というか。 (3)によるはじめの小さな揺れを何というか。 伝わる速さが遅く、おおきなゆれをおこす波を何というか。 (5)による、あとから来る大きな揺れを何というか。 (3)と(5)の速さがちがうため、到達時刻の差を何というか。 ある地点でのゆれの強さを表す指標を何というか。 地震そのものの規模を表す指標を何というか。 地震によっておこった大地のずれを何というか。 (10)のなかでも、繰り返し活動し、これからも活動して地震を起こす可能性のあるもののことを何というか。 その動きが地震の原因となる、地球表面をおおう巨大な岩盤を何というか。 表はP地点で発生した地震をA、B両地点で観測した記録である。
ただし、P地点からの距離はそれぞれA地点が56km, B地点が84kmである。
P地点から
の距離
はじめの小さなゆれ
の開始時刻
あとの大きなゆれ
の開始時刻
A地点56km14:03:1114:03:17B地点84km14:03:15x
表の空らんxに入る時刻を求めよ。 地震の発生時刻を求めよ。


震源 震央 P波 初期微動 S波 主要動 初期微動継続時間 震度 マグニチュード 断層 活断層 プレート

14:03:24 14:03:03

コンテンツ

練習問題 要点の解説 pcスマホ問題 理科用語集

姉妹サイト

高校数学学習サイト 中学学習サイト 中学数学学習サイト 中学英語学習サイト 歴史学習サイト

中学理科 無料学習アプリ

中学理科 基礎問題理科基礎問題 高校入試理科入試対策理科 中学理科用語理科用語辞典 中学オームの法則オームの法則 中学理科元素記号化学式暗記

©2006-2018 SyuwaGakuin All Rights Reserved