LastUpDate 2018/01/24
top>>練習問題 >>記述 大地の変化
menu
 

記述 大地の変化

地震の震源に近い地域で緊急地震速報が主要動の始まりに間に合わないこともあるのはなぜか。

讃岐石は、安山岩の一種で、とてもかたくて、昔は石器として使われていた。肉眼では斑晶がほとんど見えず、形がわからないほど小さい粒でできていることから、どのようにできたことがわかるか。

ビカリアなどの化石は、その化石が含まれる地層が堆積した年代の推定に利用できる。この理由は何か。

ある地震における地点Aの初期微動継続時間は、別のときに起こったマグニチュードと震央が同じ地震の地点Aの初期微動継続時間に比べて短かった。それはなぜか。

フズリナの化石は古生代の示準化石である。示準化石はどのような特徴をもつ生物が化石になったものか。

ある地点で観察できる地層からサンゴの化石が見つかっている。サンゴは地層ができた当時の環境を知ることのできる示相化石の一つとされる。このことから、この地層ができた当時の環境について考えられることを説明せよ。

ある地点のボーリング調査を行った結果、ボーリング試料の中に石灰石と思われる岩石があった。この岩石が石灰石であることを確かめる方法は。

震度とは、何を表したものか。

このサイトについて | Link | Map |
Copyright © 2006-2018 SyuwaGakuin All Rights Reserved