質量パーセント濃度

【例題】 
120gの水に、30gの砂糖を溶かしたときの質量パーセント濃度を求めよ。 濃度8%の食塩水を500g作るには、食塩と水を何gずつまぜればよいか。 硝酸カリウムが36gある。この硝酸カリウムをすべてxgの水に入れて溶かしたら、6%の水溶液になった。xを求めよ。
【ポイント】
質量パーセント濃度(%) = 溶質(g)溶液(g)×100

溶質(g) = 溶液(g)×質量パーセント濃度(%)100

溶液 とは 溶質と溶媒をあわせた全体 のこと。
食塩水を例にすると 塩(溶質)、水(溶媒)、食塩水(溶液)となる。

水と砂糖を合わた全体の質量は 120+30=150なので、
質量パーセント濃度 = 30150×100 = 20(%)
【答】20%
溶質(g) = 溶液(g)×質量パーセント濃度(%)100なので、
溶質(食塩) = 500×8100 =40(g)
食塩が40gで、全体が500gなので 溶媒(水) = 500 - 40 =460(g)
【答】 食塩40g、水460g
溶質(硝酸カリウム)が36gで、溶媒(水)がxgなので溶液全体は(36+x)g
濃度6%なので 36 = (36+x)×6100
これを解くとx =564
【答】x=564

コンテンツ

練習問題 要点の解説 pcスマホ問題 理科用語集

姉妹サイト

高校数学学習サイト 中学学習サイト 中学数学学習サイト 中学英語学習サイト 歴史学習サイト

中学理科 無料学習アプリ

中学理科 基礎問題理科基礎問題 高校入試理科入試対策理科 中学理科用語理科用語辞典 中学オームの法則オームの法則 中学理科元素記号化学式暗記

©2006-2018 SyuwaGakuin All Rights Reserved