花のつくりとはたらき

種子植物

花を咲かせ、種子でなかまをふやす植物を種子植物という。
種子植物はさらに被子植物と裸子植物にわけられる。
被子植物・・・花びらのある花を咲かせる。サクラ、タンポポ、アジサイ、アブラナ、エンドウなど
裸子植物・・・花びらのない花を咲かせる。マツ、スギ、イチョウ、ソテツなど

被子植物

サクラ、タンポポ、アジサイ、アブラナ、エンドウなどの被子植物は
内側から めしべ、おしべ、花弁、がくがある。
めしべ柱頭、花柱、子房からなり、子房の中には胚珠がある。
胚珠は将来種子になる。
おしべやくとそれを支える花糸からなり、やくの内部では花粉が作られる。

子房 柱頭 めしべ やく おしべ 花弁 がく 胚珠 花弁・・・はなびら
柱頭・・・めしべの先端部分。ここに花粉がつくことを受粉という。
子房・・・めしべの根本のふくらんだ部分。このなかに胚珠がある。
胚珠・・・子房の中にある、受粉の後、種子になる。
やく・・・おしべの先端部分。中に花粉の入った袋。
被子植物の特徴
胚珠が子房に包まれていて、花に花弁があること。

被子植物の花は花弁が1枚1枚離れている離弁花と花弁のくっついている合弁花がある。
離弁花・・・アブラナ、サクラ、エンドウなど
合弁花・・・タンポポ、ツツジ、アサガオなど

花のはたらき

花は子孫を残すための生殖器官である。
花のはたらき
なかまをふやすために種子を作る

受粉と受精

受粉・・・おしべの先端のやくから出た花粉がめしべの柱頭につくこと。
受粉後、花粉から花粉管が胚珠に向かってのび、胚珠で受精がおこなわれる。
受精の後、子房は成長して果実になり、胚珠は種子になる。

裸子植物

マツ、スギ、イチョウ、ソテツなどは裸子植物である。 裸子植物の花には花弁やがくがないが、胚珠や花粉のうがあり受粉によって種子を作る。 裸子植物の花には子房がなく胚珠がむき出しになっているのが特徴である。

雌花 雄花 2年前の雌花 (まつかさ) 雌花 雌花のりん片 胚珠 拡大
マツの雄花 雄花のりん片 花粉のう 拡大

マツは雄花、雌花ともにりん片が多数集まったつくりをしている。
雄花のりん片の花粉のうで作られるマツの花粉は空気袋がついていて風の力で遠くまで移動できる。
マツの雌花は受粉から1年以上かかってまつかさになって胚珠は種子になる。

裸子植物の花は1つの花におしべとめしべがあるのではなく、雄花、雌花にわかれている。

雌花には子房がなく胚珠がむき出しになっている。
雄花には花粉のう(やく)があり、その中に花粉がある。

コンテンツ

練習問題 要点の解説 pcスマホ問題 理科用語集

姉妹サイト

高校数学学習サイト 中学学習サイト 中学数学学習サイト 中学英語学習サイト 歴史学習サイト

無料学習アプリ

理科基礎問題 入試対策理科 理科用語辞典 オームの法則 化学式暗記

©2006-2018 SyuwaGakuin All Rights Reserved