LastUpDate 2017/09/18
menu

音源(発音体)・・・音を発生しているもの
音は物体が振動して発生する。
//グラデーション2

物体が振動すると、その振動が空気を振動させ、
それが次々と伝わっていく。
このように振動が次々と伝わっていく現象をという。

音の波は空気以外にも水や金属などいろいろな物質の中を伝わる。
振動する物質がない真空では音は伝わらない。

音の速さ

音の速さは伝わる物質によって異なる。
例・・・空気約340m/s 水約1500m/s

音の性質

振動の振れ幅のことを振幅という。
振幅が大きいほど大きな音になる。
1秒間に振動する回数を振動数といい、単位はヘルツ(Hz)を用いる。
振動数が多いほど高い音になる。
オシロスコープの画面では、縦軸に振幅が表されているため
山や谷が大きいほど大きな音になる。
横軸には時間が表されているので、
山(谷)から山(谷)の間が1回の振動になる。
そのため山(谷)がたくさんあるほど振動数が多く高い音になる。
1回の振動 振幅

例 ギターなどの弦・・・細いと高い音、短いと高い音、強く張ると高い音になる。

音 練習問題

チェックテスト

練習問題

音の速さ

PC・スマホ問題

iphone用
アンドロイド用
iphone用
アンドロイド用
iphone用
アンドロイド用
iphone用
アンドロイド用
iphone用
アンドロイド用
iphone用
アンドロイド用
iphone用
アンドロイド用
iphone用 iphone用
アンドロイド用
このサイトについて | Link | Map |
Copyright © 2006-2017 SyuwaGakuin All Rights Reserved