LastUpDate 2017/09/18
menu

力の働き

力のはたらき
物体を変形させる
物体を支える
物体の動き(速さや向き)を変える

力の単位・・・ニュートン(N)
100gの物体に働く重力の大きさは約1N
※重さと質量の違い
重さ(N)・・・物体にはたらく重力の大きさ, ばねばかりではかる。 月面では地球上の 1 6
質量(g)・・・物体そのものの量。 上皿てんびんではかる。 月面でも地球上でも同じ。

力の種類

弾性力・・・変形した物体がもとへもどろうとする力
重力・・・地球が、物体を地球の中心に向かって引く力
抗力(垂直抗力)・・・机の上や床の上に置かれた物体を支える力、物体を面に垂直に押し返すようにはたらく。
摩擦力・・・物体どうしがふれあう面ではたらく力。動かそうとする力と反対向きにはたらく。
磁石の力・・・磁石のN極とS極ではたらく力。同じ極どうしではしりぞけあい、異なる極では引き合う。

力の大きさとばねののびの関係

フックの法則
ばねののびは、ばねを引く力の大きさに比例する


1Nで2cmのびるばねは2Nで4cm, 3Nで6cmのびる。

例題
2Nのおもりをつるしたときの伸びが3cmのばねAがある。
ばねAに5Nのおもりをつるしたときの伸びを求めよ。 7.5cm
ばねBは3Nのおもりをつるしたとき、全体の長さが22cmになる。
また、5Nのおもりをつるしたときの全体の長さは26cmになった。
おもりをつるさないときのばねBの全体の長さは何cmか。 16cm
ばねCとばねDはともに1Nのおもりをつるしたときの伸びが2cmである。
図1のようにばねCに1Nのおもりをつるし、その下にばねDをつけて
さらにばねDの下に2Nのおもりをつるした。
ばねC, ばねDの伸びはそれぞれ何cmになるか。 C6cm,D4cm
1N 1N 1N ばねD ばねC 図1 1Nのおもりをつるすと2cmのびるばねEがある。
図2のように定滑車を使って、ばねEの両端に2Nずつのおもりをつする。
この時のばねEの伸びは何cmか。 4cm
1N 1N 1N 1N ばねE 図2

力のあらわしかた

力の三要素
作用点(力のはたらく点)、大きさ、向き

力は矢印で表す・・・力の大きさだけなら数字で表すことができるが、作用点、向きもふくめて表すために矢印が用いられる。
矢印の長さで大きさを表し、矢印の向きが力の向き、そして矢印の始点が作用点を表す。

ばねばかりがおもりを引く力
おもりにかかる重力
作用点 作用点 おもり ばねばかり

力 練習問題

チェックテスト

練習問題

PC・スマホ問題

iphone用
アンドロイド用
iphone用
アンドロイド用
iphone用
アンドロイド用
iphone用
アンドロイド用
iphone用
アンドロイド用
iphone用
アンドロイド用
iphone用
アンドロイド用
iphone用 iphone用
アンドロイド用
このサイトについて | Link | Map |
Copyright © 2006-2017 SyuwaGakuin All Rights Reserved