化学変化と質量1

化学変化の前と後の質量

気体が発生する反応

(例)うすい塩酸に亜鉛を入れると水素が発生する。
2HCl+Zn→ZnCl2+H2
H Cl Zn 水素が出て行く (質量は量れない)

気体が発生する場合、反応後の質量は反応前に比べて
出て行った気体の分だけ減る

空気中の酸素と結びつく反応(酸化)

(例)銅の酸化
2Cu+O2→2CuO
Cu O (質量は量れない) 空気中の酸素

酸化の場合、反応後の質量は反応前に比べて
結びついた酸素の分だけ増える

気体の出入りがない反応

(例)鉄と硫黄の化合
Fe+S→FeS
FeS

気体の出入りがない反応の場合、
化学変化の前後で質量は変化しない。

質量保存の法則

質量保存の法則
化学変化では原子の組み合わせは変化するが、化学変化にかかわった原子の数と種類は変わらない。
そのため化学変化に関係している物質全体の質量はかわらない。

※ 密閉した容器で実験を行うと、どの反応でも質量は変化しない。

コンテンツ

練習問題 要点の解説 pcスマホ問題 理科用語集

姉妹サイト

高校数学学習サイト 中学学習サイト 中学数学学習サイト 中学英語学習サイト 歴史学習サイト

無料学習アプリ

理科基礎問題 入試対策理科 理科用語辞典 オームの法則 化学式暗記

©2006-2018 SyuwaGakuin All Rights Reserved