LastUpDate 2017/09/18
top>>要点まとめ >>光合成・蒸散・呼吸
menu

光合成・蒸散・呼吸

葉のつくり

葉脈・・・葉にあるすじのこと。葉の維管束、うすい葉をしっかり広げるのにも役立っている。

植物の種類によって平行脈と網状脈がある。
平行脈・・・葉脈が平行に並んでいる
 
網状脈・・・葉脈が網の目になっている
 

葉の断面

image/svg+xml 葉の断面 表側 裏側 気孔 表皮 表皮 道管 師管 維管束

葉脈は、葉の表に近いほうに道管、裏に近い方には師管がある。
細胞・・・小さな部屋のようなつくり。植物の体はすべて細胞からできている。
気孔・・・三日月形の細胞(孔辺細胞)に囲まれた小さな穴。気体が出入りする。葉の裏側に多くある。
葉緑体・・・細胞の内部にある小さな緑色の粒。光合成を行う(表皮の細胞には葉緑体はない)

蒸散

蒸散・・・植物の体から水が水蒸気として出て行くこと
蒸散は気孔で行われる。
蒸散を行うの最も大きな理由・・・蒸散をさかんに行うことで根からの水の吸い上げがさかんになる。つまり蒸散は根から水を吸い上げるための原動力になっている。

光合成

光合成・・・植物が光を受けてデンプンなど栄養分をつくるはたらき
植物は、葉緑体のエネルギーを用いて、原料である二酸化炭素から栄養分(デンプンなど)をつくっている。 そのとき同時に酸素ができる。
葉は日光を受けやすいようなつき方をしている。
光合成に必要なもの
 材料・・・二酸化炭素・水
 エネルギー・・・光
 場所・・・葉緑体
光合成によってできるもの
 栄養分(デンプン)、酸素
二酸化炭素 酸素 デンプンなど 葉緑体

呼吸

呼吸・・・生物が細胞で栄養分を酸素によって分解し生きるために必要なエネルギーを作り出すこと。 そのとき二酸化炭素が排出される。
 植物も呼吸をおこなっている。そして呼吸は一日中おこなわれる。
日中、光が当たるとき
光合成と呼吸の両方を行う。このときは光合成で作られる酸素のほうが、呼吸で使う酸素より多いので 二酸化炭素を吸収して酸素を吐き出す。
夜など光が当たらないとき
光合成をせず、呼吸だけ行うので酸素を吸収して二酸化炭素を吐き出す。

 練習問題

チェックテスト

練習問題

植物の実験 光合成・呼吸 光合成・呼吸2 植物のはたらき 蒸散

PC・スマホ問題

iphone用
アンドロイド用
iphone用
アンドロイド用
iphone用
アンドロイド用
iphone用
アンドロイド用
iphone用
アンドロイド用
iphone用
アンドロイド用
iphone用
アンドロイド用
iphone用 iphone用
アンドロイド用
このサイトについて | Link | Map |
Copyright © 2006-2017 SyuwaGakuin All Rights Reserved