茎と根

根の形状

ひげ根 単子葉類(ツユクサ、イネ、ユリなど)の根はひげ根である。
主根・側根 双子葉類(タンポポ、アブラナ、エンドウ)では太い根(主根)から細い根(側根)が枝分かれしている。

根の役割

根は植物の体を支え、土の中から水とそれに溶けた養分を取り入れるはたらきをしている。
根毛・・・根の先端近くの毛のような細かい根、表面積が増え水などを吸収しやすい


維管束

道管と師管が数本ずつあつまった束を維管束という。
茎の維管束は中心に近い内側に道管、外側に師管がある。

道管・・・根から吸収した水が通る管
根から吸収した水の中には、必要な養分(無機物)が溶けている。

師管・・・葉で作られた栄養分が通る管
葉で作られる養分はデンプンだが、デンプンは水に溶けないので師管を通るときは糖になって通る。

双子葉類と単子葉類の茎の維管束

双子葉類

輪になっている
単子葉類

散らばっている
 

コンテンツ

練習問題 要点の解説 pcスマホ問題 理科用語集

姉妹サイト

高校数学学習サイト 中学学習サイト 中学数学学習サイト 中学英語学習サイト 歴史学習サイト

無料学習アプリ

理科基礎問題 入試対策理科 理科用語辞典 オームの法則 化学式暗記

©2006-2018 SyuwaGakuin All Rights Reserved