LastUpDate 2018/01/16
top>>
menu

中学理科の学習

新着 例題

銅の酸化と還元

【例題】  次の実験1,2について、問いに答えよ。
【実験1】
 ステンレス皿に銅粉0.20gを広げ、皿全体の質量をはかった後、図1のように、ガスバーナーでよく加熱した。皿が冷えてから、皿全体の質量をはかった。質量の変化がなくなるまで、この操作をくり返した。さらに、銅粉の質量を0.20gずつかえて同様の実験を行った。
図2は、実験の結果をグラフにまとめたものである。


【実験2】
  酸化銅6.00と炭素1.00gをよく混ぜて試験管に入れ、図3のようにガスバーナーで加熱すると気体が発生し、石灰水が白くにごった。気体の発生が止まったらガラス管を石灰水からぬいて、火を消し、ピンチコックでゴム管を閉じた。試験管が冷えてから、試験管に残った物質の質量をはかったところ5.35gであった。

(1)実験1で、銅の質量と生成した酸化銅の質量の比を答えよ。

(2)実験2で、酸化銅がすべて還元されたものとすると、酸化された炭素は何gか、求めよ。

(3)実験の結果から炭素原子1個と酸素原子1個の質量比を求めよ。

【ポイント】 定比例の法則
化学変化に関係する物質の質量比は常に一定である。

(1)グラフから読み取る。
銅0.8のときに酸化銅1.0なので
銅:酸化銅  = 0.8:1.0 = 4:5
【答】 4:5

(2) (1)から銅:酸化銅 = 4:5
6gの酸化銅を還元してできる銅をxとすると
4:5 = x:6
5x = 24
x = 4.8
試験管に残った物質のうち銅が4.8gなので
5.35 -4.8 = 0.55 が炭素
よって酸化された炭素は 1-0.55 = 0.45
【答】0.45g

(3) 酸化銅6gが銅4.8gになったので
6-4.8=1.2 が酸素
炭素0.45と酸素1.2が化合してCO2となる
ところが酸素は2原子あるので
炭素1原子:酸素1原子 = 0.45:0.6 = 3:4
【答】 3:4


更新履歴
2018-1
記述 光音力 身の回りの物質
歴史選択問題(前編) 解説付き
iphone
android

中1 英語並べ替え問題
iphone
android

中2 英語並べ替え問題
iphone
android
iphone用
android用
iphone
android
iphone
android
iphone
android
iphone
android
iphone用
android用
iphone用
android用
iphone用
アンドロイド用
iphone用
アンドロイド用
iphone用
アンドロイド用
iphone用
アンドロイド用
iphone用
アンドロイド用
iphone用
アンドロイド用
iphone用
アンドロイド用
iphone用 iphone用
アンドロイド用
このサイトについて | Link | Map |
Copyright © 2006-2018 SyuwaGakuin All Rights Reserved